骨盤を温めて症状を改善

骨盤を温めて症状を改善

骨盤,温め,症状,改善

 

良く胸やけをする人や便秘や下痢がちの人や冷え性である人や姿勢が悪い人やシャワー派である人の中で、一つでも当てはまると骨盤や腸が冷えている可能性があります。このため、骨盤を温めると良いです。温め方には腹巻をする方法があり、最近は可愛らしい物が販売されています。

 

貼るタイプのカイロを使い、骨盤の真ん中にある仙骨の上に貼ると効果的です。姿勢を正す事で、姿勢が悪いと内臓が圧迫されるので血行が悪くなります。普段から姿勢を意識して良くなるように過ごして、内臓が活動しやすいような環境を作ります。

 

内臓の活性化に効果的な方法が、お風呂に入る事です。内臓が働くためには自律神経が交感神経から交感神経に切り替わる必要があるので、お風呂に入るとリラックス効果があるので副交感神経がアップします。直接温めるのも効果的で、温活にはお風呂は必須のアイテムになります。

 

お腹の調子が悪い時は、普段の歩き方を少し変えると内臓の活性化に繋がります。腰を意識的に、ひねって歩くだけです。右足を出す時には右腰も一緒に出して、左足を出す時にも左腰を一緒に出していきます。最初はちょっとクネクネするが、慣れると自然な歩き方になってきます。

 

姿勢も意識しながら、行うと良いです。

骨盤が炎症して起きる病気

骨盤,温め,症状,改善

 

骨盤が炎症して起きる病気には、骨盤内炎症性疾患と言う病気があります。骨盤内炎症性疾患とは、子宮や卵巣や卵管や骨盤腹膜等の骨盤臓器に起こる感染症です。骨盤内臓器の感染症は様々な部位に併発するので、特定の部位だけを診断するのは難しいため総称で呼ばれています。

 

起こる原因は、性感染症を引き起こすクラミジアや淋菌によるものがほとんどで大腸菌等が原因になる事もあります。性交渉によってクラミジアや淋菌が膣や子宮頸管に感染する事で、子宮内膜や卵管や卵巣へと広がる事によって発症します。

 

骨盤内炎症性疾患の治療は、原因菌を排除するために抗生物質が使われています。細菌や真菌やウイルス等様々な原因があるため、それに合わせて薬の種類を変えていく必要があります。症状が軽いと1.2週間程で抗生物質を投与し続けると次第に快復していきます。

 

炎症が腹膜まで広がっていると、入院による治療が必要になってきます。重度の症状で膿をもっている腫瘍が出来ていると、開腹手術で切除しないといけないです。防ぐには性感染症にかからない事で、定期的に健診を受けて違和感がある場合は婦人科を受診します。

 

早く気が付いて治療が出来ると、不妊症になる事が避けられます。

エクスレーブ骨盤ケアショーツのご購入はこちら!トップページへ骨盤の歪みに悩みを抱えている方、骨盤矯正をして痩せたい方はトップページでエクスレーブ骨盤ケアショーツについても確認してみてください。